桐箱を製作する前に・・・

0

    上の画像は柾目の美しい四方桟の桐箱です。美しい桐箱を製作するためには、まず良い桐材を選別しなければいけません。

    当社では国産桐を福島県会津地方や新潟県中越地方から仕入れしています。写真は長さや厚さによって分けられた桐材です。桐の木には渋(タンニン)などの成分が含まれており、渋を抜いておかないとすぐに赤黒く変色してしまいます。当社では渋抜きは基本的には桐材屋さんにお願いしていますが、当社で雨や雪にさらして渋抜きする場合もあります。

    渋抜きされた桐材です。表面を削ると美しい木目が現れてきます。

    更に選別し、加工します。

    桐材を接いで板にします。

    美しい柾目の国産桐板ができました。この桐板を使って桐箱を製作しています。最近は良い国産桐材を手に入れることが難しくなってきました。当社でも一部で北米桐を使用することもありますし、大量生産品では一部で中国桐を使用することもあります。しかし、国産桐が入手できる限り、「国産桐へのこだわり」を大切に、桐箱を製作していこうと思っています。

     

    「桐想庫」もよろしくお願いします。

     

     

     

    JUGEMテーマ:ものづくり



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM