尺、寸、分

0

    尺貫法が使われなくなった世の中ですが、当社ではセンチと寸を併用しています。ちなみに1尺は約30.3僉■隠悪僂鰐鵤垣3分、1尺=10寸だったりします。国産の桐材は、基本的に1尺5寸などの寸法で表されたものを仕入れています。また、伝統的工芸品では、4寸の茶托、7寸の皿、8寸の鉢、1尺の花瓶など、やはり寸は必要になってきます。私がこの仕事をするようになって、まずこの寸法に戸惑いました。また、桐材の価格は石(こく)という単位で表されたり、覚えなければいけないことがたくさんあります。その職業によって、様々な独自の単位があるものですよね・・・皆さんの仕事では、独自の単位、ありますか?

     

    「桐想庫」もよろしくお願いします。

     

    JUGEMテーマ:ものづくり

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM